« ビーズの首輪 | トップページ | FCRSJ - フラットコーテッド・ソサエティ・オブ・ジャパン »

2009年11月 3日 (火)

沈まぬ太陽- で結局どうなのよ!

昨日に引き続き、祝日の今日は一人の時間が空いたので思い切って長編映画鑑賞に挑戦!!って一応かなりの話題作、沈まぬ太陽。祝日なのか最近の傾向なのか、はたまたこの映画が人気なのかインターネットでいつもお気に入りの席を毎回リザーブできてたのに今日は結構前より、しかも午前中は周りの席が空いている場所をわざと押さえたのにもかかわらず、上映時はほぼ満席。

1256270180_img01

で内容はっていいますと、当初の期待は例の日航機JAL123便airplane事故関連のヒューマニズムあふれるもしくは、そのときの状況を描写した同時多発テロの映画ユナイテッド93的な内容を期待したのだが、大はずれ、というかテーマが重たすぎ!!!sweat02

端的に言ってしまえば、金、政治、人の世間一般的な人間模様と自分自身決してこのような企業では働けないという典型的な会社でのいちサラリーマンの家族を巻き込んだ話をウマイ具合に官民混成の企業が持つ一種独特な世界を描く内容。

それを最終的に日航機事故の原因に強引に結びつけた的完全にメディアのマーケティング戦略で映画を観たいと思う人の気を誘った作品とちょっと厳しい意見を言ってしまおう。なぜなら、これと同じ題材を扱ったクライマーズハイの方が遥かに判りやすかったし、大事故における別の側面から捉えた内容が好感だったが、今回はエンディングでなにが言いたかった正直、消化不良です。労働組合員で社員の為に働いたにも関わらず10年以上も不適切な人事異動に耐え、かつ通年30年以上も勤務している主人公。偏見ではないのですが高度成長期方々の日本は本当にみんな頑張っていたんだと敬意を表したい感じ、俺なんて今までに何回転職してんだって、ある意味反省。

また、野心に燃える大企業と政治家達の泥仕合、男と女模様、さらに最後はこの企業はどうなったか、どうなるかという結論も見えず、はたまた、それでも不適切な人事異動を最後も命ぜられでもこの企業に残り働き続ける、その後彼はどうなったかという結論が見えないままエンドロール。

今日は祝日で明日はまた仕事という日に、見る映画じゃなかったなぁと思う作品でした。途中でサザエさん症候群になりましたよ。

話題性と言えば、日航機事故を題材にしたということ以外にも、3時間22分の長編作。初めて途中INTERMISSONという10分休憩を映画で体験しました。

Photo

会社名、人物名は架空でフィクションですとエンドロールで但し書きがでますけど、どう考えても日航の内情そのもののリアリティが伝わるので公開後、日航内でブーイングが激しく出たというのも納得してしまいます。

作品的にも航空機と空港のCGのしょぼさ(日航の協力が得られなかったとか?)や、当時80年代にHACドラックの広告が新幹線の窓から見えてしまう詰めの甘さが気になります。出演者の方々は非常に好演技でよいのですが内容に関しては、THIS IS ITが85点ならばこちらは40点くらいかな?まぁ今日はポイントも貯まってたんで、タダで観れたんで余り文句は言えませんが....

Ticket

|

« ビーズの首輪 | トップページ | FCRSJ - フラットコーテッド・ソサエティ・オブ・ジャパン »

コメント

これ、原作のほうが断然いいですよね。御巣鷹山編は、かなりリアリティあふれる描写になってます。もう、ずいぶん前に読みましたけど、もう一回読み返すには、この御巣鷹編が重すぎで、勇気がいる、、くらいの感想もちました。

クライマーズ・ハイもそうだったような気がしますけど、原作を映画化するっていうのは、時間制限もあるし致し方ないのかも知れませんけどね。。

投稿: chamy | 2009年11月 5日 (木) 01時22分

どもども、ごぶさたしてますが....残念ながら原作は読んでないんですよね。でもって期待して見た映画だったんで、ちょっとギャップが大きくでどうすんのって感じになちゃいました。
近いうちに原作本挑戦します。

投稿: ローズ家 | 2009年11月 6日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビーズの首輪 | トップページ | FCRSJ - フラットコーテッド・ソサエティ・オブ・ジャパン »